【二十四節気】小寒
コラム

【二十四節気】小寒

【小寒】 しょうかん:1月5日頃

池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃です。この日を「寒の入り」といい、寒さの始まりを意味します。そして、小寒と大寒を合わせたおよそ1か月を「寒中」「寒の内」といい、寒中見舞いを出す時期とされています。

前のページへ
【FP相談事例】資産運用のご相談(30代女性)
次のページへ
つみたてNISAって結局なに?相談すべき?
公式SNS
LINE相談 来店予約 電話相談