外貨建て保険を資産形成で利用するために、知っておきたいこと
コラム

外貨建て保険を資産形成で利用するために、知っておきたいこと

外貨建て保険を資産形成で利用するために、知っておきたいこと

外貨建て保険は、払い込んだ保険料を米ドルや豪ドルなどの外貨で運用する保険で、終身保険、個人年金保険、養老保険などの種類があります。
今回は外貨建て保険のメリット、デメリットや資産形成で利用するうえで知っておくべきことをご紹介していきます。


メリット

①保険料が安い

②日本円より利回り(金利)が高い

③生命保険料控除の対象となる

外貨建て保険のメリットは、日本よりも金利の高い国の通貨で保険をかけることで保険料が安くなる傾向にあり、大きな運用収益が期待できます。また、保険期間中に加入時の為替レートから円高になった場合は、為替差益が得られる可能性があります。通常の生命保険と同様に生命保険料控除の対象となるので、税制面でのメリットを得ることも出来ます。

デメリット

①為替リスク

②為替手数料がかかる

外貨建て保険のデメリットには、為替差損による元本割れリスクなどがあります。保険期間中に加入時の為替レートから円安になった場合、保険金や解約返戻金の円換算額が減少する可能性があります。為替変動により、払い込んだ保険料を下回る保険金や解約返戻金を受け取る可能性があるので、注意が必要です。
外貨で受け取ることで為替による受取金額低下の可能性を回避できますが、外貨管理の手間がかかるという点を知っておく必要があります。

では、どうして外貨建て保険が資産形成に利用できるのでしょうか?

資産を外貨で保有すると、保有通貨を分散させることで資産のバランスをとることが出来ます。
為替リスクがあるものの、円建ての保険より高い利回りで運用できる保険なので「備え」よりも「運用」に関心が高い人には向いているといえます。


まとめ

外貨建て保険に関する苦情や相談が増加しているという現状がありますので、自身のニーズと許容できるリスクを慎重に検討して、適切な外貨建て保険を選択することが外貨建て保険を利用する上で重要なポイントといえます。
商品の特性を十分に理解して外貨建て保険を利用しましょう。

 

 

前のページへ
新NISAとiDeCOの使い分けはどうしたらいい?
次のページへ
変額保険を理解して上手な資産形成を
公式SNS
LINE相談 来店予約 電話相談